技術資料・マニュアル

アプリケーションノート:自動分注機Fluent™での複雑な2プレートプロトコルの簡単な自動化

EPIgeneous™ H3K27Me3 Cellular Assay for measuring epigenetic methylation

アプリケーションノート:自動分注機Fluent™での複雑な2プレートプロトコルの簡単な自動化

エピジェネティクスは、創薬において長年重要な役割を果たしてきましたが、エピジェネティックな修飾が癌や幹細胞の分化に果たす役割を理解するために、その重要性は最近著しく高まっています。メチル化は、DNAおよびヒストンに対する主要なエピジェネティックな修飾であり、遺伝子発現調節に関わります。

エピジェネティックな変化は、細胞分裂により細胞自体の寿命の間残る可能性があります。それらはまた、生物の根底にあるDNA配列の変化を伴わない場合でも、複数世代にわたって持続する可能性があります。

したがって、エピジェネティックな修飾は遺伝する可能性があります。この修飾には環境要因の影響を受け、老化などの生物学的プロセスに関与するエピジェネティックな影響を引き起こす可能性があります。

Cisbio EPIgeneous細胞ベースのアッセイにより、付着細胞と浮遊細胞の両方でメチル化、脱メチル化、および総タンパク質を直接測定できます。 テカンは、ラボのアプリケーション固有のニーズに基づいて構築された分注装置Fluentを使用して自動化を実現しました。 Fluentはより多くのキャパシティーと速度を実現します。このプラットフォームは、優れたスループットとウォークアウェイ時間を提供し、高い信頼性のある結果と、多くの実験工程をより簡単に実行できるようにします。 テカンとHTRF®テクノロジーで有名なCisbioは、自動液体処理、検出、細胞ベースのアッセイにおける専門知識の組み合わせて新たなプロトコルを開発しました。これにより、高速で信頼性が高く、完全に自動化されたアッセイを実行できます。

【関連資料】