技術資料・マニュアル

【お客様の声】SPR分析のスループットと効率を向上させて創薬を加速

Dramatically increasing throughput and efficiency of SPR analysis to accelerate drug discovery

【お客様の声】SPR分析のスループットと効率を向上させて創薬を加速

表面プラズモン共鳴(SPR)は、製薬およびバイオテクノロジー分野における測定技術であり、分子間の相互作用をラベルフリーかつリアルタイムで観察することができます。

アメリカのユタ州にあるスタートアップ企業のCarterra社は、ハイスループット生物学のパイオニアであり、テカンと共にLSAプラットフォームを開発しました。

特許取得済みのマイクロフルイディクス技術とリアルタイムのハイスループットSPRを組み合わせて、モノクローナル抗体のスクリーニングと特性評価の高いスループットを可能にしました。

この記事では、LSAを開発するまでの経緯とテカンをOEMパートナーとして選んだきっかけなどをお話しいただいてます。

現在ご使用中のシステムの前処理装置や次世代装置の開発製造やその改善を検討中の方、高品質な自社発の前処理、自動分析装置を新たに上市されたい方はぜひご一読ください。

※本文は英語です。

【関連資料】