技術資料・マニュアル

【自動分注機オプション製品】OPUS® RoboColumn®システムの紹介:タンパク質精製とバイオプロセッシング

Automated Chromatohgraphy

【自動分注機オプション製品】OPUS® RoboColumn®システムの紹介:タンパク質精製とバイオプロセッシング

RepligenのOPUS RoboColumnシステムを、液体分注機器Freedom EVO®、もしくはFluent® へ統合して完全な並列カラムクロマトグラフィーの自動化を提供します。
テカンの長年の実績があるピペッティング技術により、Te-Chrom™ モジュールに保持された最大 8 つの RoboColumn の並列処理が確実に実施されます。
溶出液はマイクロプレートに収集され、オプションのフラクションコレクターにより、分画も可能です。また、大量の液体を直接廃棄容器に排出します。
これらの工程すべてはテカンの使いやすいソフトウェア1つで操作可能なので、複雑な精製プロセスやアプリケーションでも簡単に設定して稼働ができます。
スケーラブルで効率的かつ安全なクロマトグラフィー処理のためのオプションを検討してください。

このアプリケーションノートではオプション機能であるRoboColumnsの使い方や対応できる用途までを紹介しています。
シンプルなタンパク質精製からハイスループットのプロセス開発、バイオリアクターのモニタリング、条件スクリーニングまで、クロマトグラフィープロセスの信頼性と時間効率を高めます。

液体分注機器を現在使用していてワークステーションを拡張したい方、クロマトグラフィー関連の研究を行われている方は一読ください。

【関連資料】

【Robocolumnシステムオプション製品画像紹介】

FluentControl上で簡単に分注範囲を設定↓